poserpro2012 SR3.2 のV4A4とV4morph++の不具合(競合?)

poser再構成中なのですが、POSERPRO2012(SR3.2適用英語版。9.0.3.26149)で不具合発生中です。OSはWin8.1pro。
コンテンツフォルダにV4をインストール後にV4morph++を同じくコンテンツフォルダにインストールすると頭部の目の開閉関連のダイヤルが反応しない。

実は気が付くの遅くなってしまってアウアウ状態です。
poserが参照するruntimeに!DAZフォルダはコンテンツフォルダのみ(デフォルトでposerが作成するもの)
インストールはすべてDAZインストールマネジャ使用。

最初はインストールする場所が悪いと思ってposerpro直下のruntimeも使ってみたが改善されない。
インストールする順番も変えてみたが同じ不具合が起きる。
V4をインストールする(瞳開閉ダイヤル動く)→morph++インストール(瞳開閉ダイヤル動かない)
どの段階でA4をインストールしてもA4の瞳開閉ダイヤルも動かなくなります。
インストール場所はコンテンツフォルダです。
動かなくなった状態でDAZインストールマネジャでmorph++をアンインストールすると正常化します。
(ここでコンフリクト状態になられてもなあ。。。。。)
以上は再現性も認められました。

出来合いのmorph顔の適用は出来るので、文字通りダイヤルが空回りして効かない状態という感じでしょうか。
poser使用ではV4のmorph++は必須のファクターなので厳しい状態です。
またwin8ではSR3.2の適用がなければ誤動作するらしいので、そこも袋小路。

残る方法は2014へのverup。(たぶんみなさん使ってるからいいんじゃないかなと思う)

もしくはmorph++のみを別のruntimeに分離する。
この方法ではダイヤルは生きています。がmorph++で追加されるべきmorphがotherに無秩序に追加される。
まあcopymorphで追加されたような感じですね。
これがちゃんと適用されているかの検証はこれからですがww

2014のパテも魅力なんだがグレードアップ3万位するんだよなー(ToT)
まあしばらくは後者の方法で様子を見ることになるなあ。smithmocroもadobeみたいにクラウドで月払いにしてくれないかなあ。

ということで瞳は閉じれなかった。
c0000729_19512595.jpg
追加検証(1)
V4A4とmorph++がインストールされた不具合のposerでmorph++適用されたV4キャラクタを①ライブラリに登録②ポーズファイルでセーブし終了。
その後morph++をアンインストールする。
poserproを再起動し①②を読み込む。
①②ともmorph++エクスプレッションのeyeopencloseダイヤルは反応しない。
ただし、再起動後に読み込んだmorph++の適用されていないA4、V4は動く。
ううむ。。。。
また①②ともに埋め込まれたmorph++のモーフダイヤルは生きているんですよね。morph++アンインストール状態でも。。。
エディターで見れば不具合はわかるのかもしれないが。。。スキルがない(^^;)

色々やってみたがmorph++がまともじゃないのは致命的で。

やむをえず

poserpro2014に乗り換えることにした。今のとこ一番安いのがイーフロの日本語版へのグレードアップ。
DAZstudioは今のところA6扱う元気もないし、老兵はポザと共に沈んでいく事になるでしょう。





by airstone | 2015-01-03 20:27 | poser

poserな落書き絵日記です。失敗も含めて覚書のようなもの


by airstone